水谷雅子さん追っかけLOVE♪〜美貌の秘密を詳しく徹底解説

18歳に見える脅威の40代、美魔女中の美魔女が我らが水谷雅子さんです。

美魔女といえば年齢の割には若くキレイに見える女性を指す造語で、ファッション雑誌の美STORY(現在は美ST)から誕生しました。

「こんなきれいな一般人の30代、40代がいるのか!」と日本中で美魔女ブームを巻き起こすきっかけになった国民的美魔女コンテストからは、 西村真弓さんや山田佳子さんなど、今も活躍されている美魔女が誕生したことは記憶に新しいと思います。

いまでは美魔女といわれる女性は数多くいるんですが、人気投票をすればおそらく、いや、間違いなくNO.1に選出されるであろう人が水谷雅子さんです。

もともと、美STORYの読者モデルとして活躍していた水谷雅子さんは、年齢不詳のその圧倒的な美貌から読者からの問合せが殺到していました。 1968年生まれの40代で、なおかつ20代のお子さんが2人もいるお母さんとはとても信じられないほどの若さと美しさだったからです。

きれいな40代女性はいると思うんです。ただ、水谷雅子さんがここまで話題になったのは18歳にみえるとか20歳若くみえるといわれるように 実年齢よりもはるかに若く見られる美しさだったということなんですね。女優の永作博美さんや元ジュディマリのYUKIさんのようにベビーフェイスで若くみえるというのでもなく本当に20代のようにみえる容姿が衝撃だったわけです。

その信じられない若さと美貌は、国内だけにとどまらずインターネットを通じて中国でも紹介されたこともあり、中国では「不老仙妻」と呼ばれて話題になっているみたいです。

当然、一体どんな方法で若さと美貌を保っているのか?私生活も知りたい!と美の秘訣を知りたい女性が殺到しているのが現状で、 今では水谷雅子さんを特集した雑誌、それから本やDVDが次々発売され、講演会なども開かれているみたいです。

水谷雅子著:美魔女ビューティ20歳若返る魔法のメソッドは必見です!

『美魔女ビューティ〜20歳若返る魔法のメソッド』という本が水谷雅子さんの処女作です。 水谷雅子さんが実践しているスキンケアの秘密やメイク術等が掲載されていることで、きっと水谷さんと同世代の女性は、興味半分、嫉妬半分でチェックした人も多いでしょう。

これだけの美貌を保つためにはそれなりのことをしているとは思っていましたが、予想以上に常にキレイであり続けるために意識した生活を心がけていた点が 個人的には印象に残っていて「こりゃ、マネするのは無理だ―」と思った人も多くいるはずです。

スキンケアやメイクについては、ほとんど協賛のスポンサーの化粧品会社の商品宣伝という感じで、広告をよくみる通販で有名な会社ばかりというまったく役に立たない内容なんですが、 水谷雅子さんがどのようにして内側からのケアを実践しているのか食事やライフスタイルについては必見の内容になっていると思います。

また、昔の写真も掲載されていたりするんですが、20代の頃よりも40代の今の姿のほうがきれいというのもびっくりでした。 水谷雅子さんファンにとっては必見の本ですから、ぜひ図書館で借りて読むか、ブックオフで探してみてください。

水谷雅子さんの朝・晩のスキンケアって?

水谷雅子さんのスキンケアの特徴は肌の状態にあわせて、その都度、朝晩のスキンケアを変えていることなんですね。 年齢で化粧品を判断するということもなく、あくまでそのときの肌状態に合わせるというのが水谷雅子流です。

とはいえ、朝のかっさマッサージと夜のシートマスクは毎日行うみたいですけど。

個人的に気になった保湿については、化粧水→美容液→乳液→クリームとフルラインでやっているみたいですが、これはベースであって、 それ以外にも目や首、唇、手とそれぞれパーツ別にも保湿を行うみたいなんですね。よく続くなーと思います。

最新の保湿事情なんかを調べてみると、保湿はシンプルにしたほうがいいみたいなんですね。肌に触るほど、摩擦や刺激で肌を傷めるので クリームなどの柔らかいテクスチャーのものを使って「洗顔後はクリームだけ」というのが主流だし、実際保湿はそれで充分なんだそうです。

※参考:乾燥肌撃退!保湿クリームランキング【顔用の殿堂】

そういう最新の保湿ケアとは全く逆行しているのが水谷雅子さんの保湿であり、スキンケアです。とにかく手を掛けますから。 でも美肌なんですよね。肌が丈夫なんでしょうか?とにかく常識破りの肌の持ち主なのは間違いなさそうです。

更新情報・お知らせ